銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンの利用を考えた場合に、確実に迷うのが銀行カードローンと消費者金融です。
どちらがいいのか、色々と情報を集めている間にわからなくなってしまいますね。
今回は銀行カードローンと消費者金融についてわかりやすくご説明しながら、
比較していきたいと思います。カードローンの利用を考えている人にとって
最初に問題となる選択肢を考えていきましょう。
 

適用の法律、「総量規制」があるかないか

消費者金融に適用される法律は、貸金業法というものですが、銀行カードローンに適用される
法律は銀行法です。この規制されている法律の違いが、総量規制があるかないかを分けています。

貸金業法が適用されている消費者金融の場合は、この総量規制があります。
2010年6月に改正貸金業法が施行され、年収の3分の1までしか借入ができないことになっています。


これは借入全てでになりますから、消費者金融の1つで年収の3分の1まで借入をして、
その他でも借入…というのは不可能です。ただし、住宅ローンなどは除外されます。
では銀行カードローンはどうかというと、銀行法で規制をされているので、
この総量規制は適用をされません。年収による借入額の決まりがないわけですね。
ここが大きな違いといえるのではないでしょうか。
 

銀行カードローンをしっかり見極めよう

銀行カードローンというのは、運営が銀行のもののみです。
中には銀行が出資をして行っている消費者金融という場合があります。
その場合は銀行法ではなくて貸金業法が当てはまる場合もありますので、
総量規制がついてきてしまいます。

総量規制が気になるのであれば、銀行が運営しているカードローンを探しましょう。
 

審査の厳しさも違う

基本的には銀行カードローンの方が審査は厳しく行われます。
総量規制もありませんし、だからといっていくらでも誰にでも貸しますでは、
貸す側としても回収ができずに困ります。

そこで、審査を厳しくして本当に返済をしてくれる人にだけに貸すということですね。
消費者金融だってきちんと審査をしているので、それほど甘い審査ではありません。
それに比べると審査が厳しめである銀行カードローンではありますが、
それをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは利用する人次第です。
 

金利で選ぶなら銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利は低く、
長く返済していく場合は負担が少なく済みます。

借りている額に当然金利を合わせて返済しなくてはなりませんから、
金利が高ければその分負担は増えていく一方です。
だからこそ、銀行カードローンの低金利はとてもありがたいですね。
 

サービス面は消費者金融

消費者金融の場合は金利が高いからメリットがないのでは?というと
そういうわけではありません。消費者金融は借りやすく返しやすいという
サービス面が充実をしています。だからこそ利用しやすいですし、
お金がピンチのときにもすぐに助けてくれる存在です。