認知度のある銀行カードローン特徴(限度額・実質金利・最低返済額)

銀行カードローンといっても、どの銀行を利用しようか迷うでしょう。
現在普通口座を所持しているところが一番簡単とも言われていますが、
当然違う銀行でも問題はありません。

今回はそれぞれの銀行カードローンについて、
特徴や限度額・実質金利・最低返済額など…詳しくご紹介します。
 

オリックス銀行

特徴は、2つの業界最低基準があることです。年利は3.0%~17.8%、
月々7,000円からの返済ができるのは、業界最低基準です。
利用の限度額は800万円なので、色々な資金として使い道は広がるでしょう。
新規入会キャンペーンなども盛んに行われているので、
カードローンを初めて使うという人でも入会しやすいと思います。
 

三菱東京UFJ銀行

銀行口座が不要で借りられるというのが特徴です。
年利は4.6%~14.6%となっていて、限度額は500万円です。

もし現在三菱東京UFJ銀行の口座を持っているのであれば、それに付属して
キャッシング機能をつけることもできます。こちらは年利14.6%で30万円までの借入ですが、
口座に引き落としで必要な額が不足していると、自動で借入をして引き落としが可能な
状態にしてくれます。

最低返済額は限度額によって異なりますが、
限度額が50万円以下で10万円を借り入れた場合、2,000円から返済ができます。

 

住信SBI銀行

Mrカードローンプレミアムは、借入限度額が1,000万円と高く、
それでいて使い道は原則自由という仕組みが特徴的です。
金利は1.99%~7.99%となっています。

自宅にも郵送で明細が届くことはなく、住宅ローンでも同時に借入をしていると、
金利が下がるなどの嬉しいポイントがいくつもあります。
その他、Mrフリーローンというものもあり、こちらも限度額は1,000万円までですが、
少し仕組みが違います。年利は3.775%~12.0%となっていて、100万円以下は
収入証明が不要という特徴があります。
 

みずほ銀行

即日利用が可能となるので、お金がすぐに必要という人にはぴったりで、
24時間受付をしてくれます。年利は4.0%~14.0%となり、限度額は1,000万円と使い道の
幅が広がります。キャッシュカードにカードローン機能搭載のものを申し込みができるので、
カードローン専用の物をつくるよりもお得で、家族にもバレにくいです。
 

イオン銀行

カードローンBIGであれば、100万円までは収入証明は不要です。イオン銀行の口座を
持っている場合、即日利用も可能となります。限度額は800万円までで、
年利は3.8%~13.8%。いつでも気軽に、スマホ・コンビニATM・銀行ATMから
365日利用できて便利です。