カードローン限度額まで使いきって自己破産になる方が多い

カードローンは借金ですが、その借金が返せなくなると、
自己破産をするしかなくなってしまいます。
自己破産はどうしようもなくなった最終手段ではありますが、きちんと
お金を借りる計画を立てて返済をしていけば、陥ることのない事態です。
カードローンを利用して自己破産をしてしまう人が多い原因など
について、見ていきましょう。
 

自己破産で多いのはカードローン利用者

自己破産をすることになるまでの道のりには色々なものがありますが、
自己破産をする理由としてもっとも多いのがカードローン利用者です。

住宅ローンや教育ローンなどは目的のあるローンであり、
きちんと管理された中で返済をしていくものですが、カードローンはどうでしょうか。
限度額が決まってはいるものの、基本的には使い道が自由です。
この自由さが自己破産になるまでお金を借りすぎてしまう原因になるのかもしれません。

 

多重債務が怖い

カードローンでお金を借りて、その後返済が難しくなったとします。
それでも返済をしなくてはいけないという気持ちは当然あるでしょう。
どうやって返済するお金を作るのかというと、また違うところから借入をするという方法です。

そうなると多重債務となりますね。多重債務は返済したつもりになっても、
結局残っている返済額は同じになりますから、意味のない返済です。
これこそが自己破産を招く怖い原因です。
 

ある程度目的を持とう

カードローンを申し込む際は、ピンチのときに助けてくれる魔法のカードとは思わないでくださいね。
確かにカードローンは何に使うかは原則自由であり申告する必要もありません。

でも、きちんと何に対して自分はお金を必要としているのか、
それを返済する計画は立てれているのか…そこまできちんと考えて借入をするように心がけましょう。
カード限度額まで使ってしまって返済をするにもできず、自己破産というパターンが多いです。
そうならないために自ら予防をしておかなくてはいけないのです。
 

銀行カードローンでのおまとめローンも検討

多重債務というのは一度陥ってしまうとなかなか抜け出すことができません。
そうならないためにも、借りているお金を整理してみるのも大切です。
銀行カードローンではおまとめローンなどの今まで借りているお金を整理してまとめ、
それを一括で返済、その後銀行カードローンで少しずつ返済していくというローンもあります。
そうするとひと目で借りている額もわかりますし、毎月の負担も減ってくれるので返済がしやすくなります。
 

自己破産は最後の手段として使おう

どうにもならなくなったときに、まずは専門家に相談をしましょう。
そこでも自己破産をするしかないという結論に達した場合には、自らを一度整理するという意味でも
自己破産が一番です。もう返済ができなくなったからといって、自己破産を考えたとき、
どうせ自己破産をするならば限度額まで使ってから…なんて考える人がいます。

これは支払えないことをわかっていながらもまだお金を借りるわけですから、
当然自己破産そのものが難しくなります。本当の最後で、自己破産という手段を選びましょう。