銀行カードローンの借入方法と返済方法について

カードローンを借りる際、どこが運営をしているカードローンかで借入や返済の仕組みが
異なる場合があります。銀行カードローンの場合はどのように借入と返済ができるのかを
見ていきましょう。
 

銀行カードローンの借入方法

銀行カードローンといっても、銀行によっても多少異なる部分がありますが、
銀行カードローンであれば利用できる範囲が広いというのもメリットです。
そのため、お金を借りたいと思うときには、ATMなどで簡単に借入ができる
仕組みが出来上がっています。

銀行のATMが主ですが、コンビニなどでも借入ができる銀行カードローンもあります。
どの銀行にしようか迷ったときには、銀行カードローンがどこで借入ができるか、
それを基準にしてみてもいいですね。

 

自動での借入とは?

普通口座と同じ銀行でカードローンを契約している場合、普通口座から引き落とされる
はずの額が引き落としができないという事態が発生すると、自動的にカードローンから
借入をして引き落とし額をフォローしてくれるような借入もあります。

当然返済はしなくてはなりませんが、うっかり口座への入れ忘れをしてしまった場合でも、
安心ではないでしょうか。
 

ネットバンキングが今は便利

インターネットを使ってカードローンの申込みもできるようになった今、
ネットバンキングで借入をすることも簡単で便利になっています。

借入をしたい額を申請すると、口座にお金を振り込んでくれるというものですね。
手続きをしに行く必要がなくなるので、とても楽だと思います。
 

銀行カードローンの返済方法

基本は借りた分を決まった日にちに引き落としというのが多いでしょう。
これなら忘れないで返済ができます。クレジットカードで買い物をして返済する分と
同じような返済ですね。また、ATMに期日までに返済をする分を振り込むという
方法もあります。引き落としなら確実ではありますが、自分でしっかりと現金で
返済をしたいという時や、カードローンで引き落としがされたことを家族には
知られたくない…という場合は自分でATMに返済をする方法がいいでしょう。
 

ATMでの任意返済とは?

今月は少しお金に余裕があるから、返済が多くできそう…というときには、
プラスの分もATMで簡単に返済ができます。いちいち窓口に持っていって
返済という手間もありませんし、コンビニATMでも返済できる銀行もありますので、
お金にちょっと余裕があるときには多めに…と思って、すぐに返済ができるでしょう。
銀行カードローンはATMで気軽に借りられるとお話しましたが、返済も同じです。