銀行カードローンの審査は厳しいについて

カードローンでお金を借りたいけれど、審査を受けるのが不安ですね。
自分がちゃんと審査に通るのかというのは誰もが心配することだと思います。
カードローンの中でも金利が低くて運営しているのが銀行ということもあり、
銀行カードローンなら安心して借りられるのではと選ぶ人も多いです。
この銀行カードローンの審査について、詳しく見ていきましょう。
 

基準は返済が可能な人かどうか

銀行カードローンが審査をして通る人というのは、基準として返済が可能な人かどうか、
という点が大事です。貸しても返済される目処が立たないような人には、
当然審査を通してお金を貸すわけにはいかないでしょう。

返済がされないと貸した側は損をするだけだからです。
もちろん、返してくれない人には色々な方法でアクションを起こして返済をしてもらうように
しますが、借りた分はきちんと返してくれる…最初からそういう人が一番の理想としているのは、
貸す側としては当然です。
 

収入の安定も大事

無職で収入がないとなると審査は通りませんが、難しいのは仕事をしていても安定した収入を
得ているかどうか、という点です。よく大手の企業で働いている人は審査に通りやすいなんて
聞きますが、それはどうしてかというと収入が安定しているからです。大手であればよっぽどの
ことがないと職を失うことはないでしょうし、いきなり収入が不安定になる心配もないからです。

逆に自営業の場合は今は収入が高くても、すぐに減ってしまうかもしれないという不安定な
状態があります。そうなると、自営業の人は自分自身が安定して収入をもらっていることを
証明しなくてはならないでしょう。
 

審査が厳しいのはなぜ?

銀行カードローンは審査が厳しいというのは、カードローンを利用しようと色々な情報を
集めているとよく聞くはずです。確かに、消費者金融よりは審査が厳しくなっています。


それはなぜかというと、低金利でお金を貸すからです。金利を手数料として利益を出して
いるのですから、当然利益は多く欲しいと思うでしょう。ただ銀行カードローンは運営が
銀行なので、できるだけ低い金利で負担を少なく貸すというスタンスです。

だからこそ、本当に信頼できて返済をしっかりしてくれる人にしか貸さないため、
審査が厳しいといわれています。
 

審査が厳しいほうが自分のため

審査が厳しいというのは、銀行側だけのメリットではありません。
借りる側としても、審査が厳しいほうがきちんと返済をしていかなくてはならないという
責任を再確認できます。気軽に借りられると返済まで崩れやすくなるといわれているからです。
借りる側としてもメリットはあります。
 

きちんとお金の管理をしよう

銀行カードローンの審査は厳しいですが、その厳しい審査を通り抜けてほっとしていては
いけません。きちんと返済も終わってからが初めてほっとするポイントです。

自分が借りたお金は自分できちんと返すのが当然ですから、
借入をする際にはその気持ちだけは忘れないようにしましょう。